愛娘は、びわの葉茶で花粉対策!

[2014.02.25]

こんにちは
ママゴンこと、店長の須河内です。

先日、今年の花粉予報が発表されましたね。
今年は、例年並みの飛散量とのことでしたが、
福岡は、早くも花粉がピークを迎えつつあります。

店長の愛娘(5歳)は、スギ花粉のアレルギー数値が高く、
先月の検査では、7段階評価でMAXの7(泣)

親としては、いつ花粉症になるか心配でたまらないのですが、
おかげさまでアレルギー数値は高いものの、
娘は花粉症になったことはありません。
(ちなみに、家族全員、花粉症になったことがありません)。

これは、おそらく娘が1歳頃から家族全員で飲み続けている
「びわの葉茶」のおかげだと思ってます。

biwa.jpg
早苗さんのびわ茶は、写真のように琥珀色でとても飲みやすい!

びわの葉茶は、古くから民間療法として利用されていて、

ガン治療薬に使われる「アミグダリン(ビタミンB17)」、
血行改善や解熱作用を持つ「サポニン」、
疲労回復効果を持つ「クエン酸」などが含まれています。

娘が飲み続けているびわの葉茶は、
福岡県認定のエコファーマーである早苗さんが栽培しているびわの葉を、
玉露と同じ製法で焙煎したものです。

早苗さんのお子さんもアレルギー数値が高く、
わが子のアレルギーを治すために、びわの葉茶を作り始めたとのこと。
母の愛ですね〜!

早苗さんのびわの木は、
約1億年前の貝化石を利用した有機肥料を使っており、
カルシウムは、なんと牛乳の約18倍!!!

ノンカフェインなので、
育ち盛りの子どもたちや妊婦さんに特におススメです。
娘のように、牛乳アレルギーで牛乳が飲めない方にもぴったり!

娘が1歳の頃から、早苗さんのびわの葉茶を飲み続けていられるのは、
苦みやにおいもなく、とにかく飲みやすいから。
おいしく飲めることが、長続きの秘訣です。

花粉に悩む方も、花粉に悩んだことがない方も、
是非1度、びわの葉茶を飲んでいただきたくて、

お試し2週間分を送料無料1000円!
さらに今なら、ポイント10倍プレゼント!

→早苗さんのびわの葉茶はこちら

この機会に、どうぞお試しくださいね。

朝のくだものは金メダル

[2014.02.19]

こんばんは。
ママゴンこと、店長の須河内です。

ソチオリンピック、感動の連続です。
このオリンピックには、娘の幼稚園の先生(村田ありさ選手)も
出場していることもあって、最初からいつもより気持ちが入っていたのですが、

いや〜、ホントにオリンピックに出場する選手たちは、
なんでこんなにみんなイイ顔してるんだろうって、惚れ惚れします。

 

今日は、スノーボード女子パラレル大回転で竹内選手が銀メダル獲得!
今夜未明から女子フィギュアと、いよいよクライマックスですね。

 

メダル獲得に一喜一憂している私が、
ふと思い出した言葉があります。
それは、
朝の果物は金メダル。

 

昼の果物は銀メダル。

 

夜の果物は銅メダル。

 

これは、昔、学校の家庭科の先生から習ったことです。

 

調べてみると、イギリスでも同じように言われていて、
イギリスでは、午前中の果物は金、
昼から3時までは銀
、
3時から6時までは銅、
6時以降は鉛、といわれているそうですよ。

 

果物に含まれている糖分は、脳にもいい働きをするそうです。

テストの朝は、チョコレートを食べるといいと言われていますが、
朝、くだものを食べるのも同じ理由で、
寝起きは,血糖レベルがもっとも低くなっていて
頭の働きが鈍くなっているところへ
果物を食べることで、
即効性のエネルギー源を与えて脳を活性化するそうです。

 

また、みかんやレモンなどの柑橘類に含まれているクエン酸は、
疲労回復に役立つと言われているので
朝から気持ちを元気にしてくれます。

 

逆に、夜眠る前にくだものを食べると、
くだものの糖分が体のなかで代謝しきれなくて、
中性脂肪に結びつくんですって。ヤバイ・・・>0<

 

よしっ、
明日から、マジで朝ごはんダイエットして、
朝ごはんで金メダル獲得を目指します!!!