【梅仕事】赤しそのもみ方と保存方法

[2019.06.04]

こんにちは。ママゴンこと、店長の須河内です。

6月は梅仕事の季節!

朝ごはん本舗は、全国から梅仕事を楽しまれる方から赤しそや梅のご注文をたくさんいただいています。ありがとうございます!

 

梅干しの漬け方や赤しそジュースの保存方法、赤しそのちぎり方などのご質問も多数いただきます。私もそうでしたが、梅酢って何? 赤しそってどうやってもむの? 赤しそジュースってどうやって作るの? とわからないことだらけ。そこで、今月はできる限り、みなさんからいただいた質問をブログでわかりやすくお答えしたいと思います。

 

第1回目の今日は「梅を漬けたいのですが、赤しそはどうやって使うんですか?」のご質問です。

赤しそのご質問のなかでもよくいただくのがこの質問です。そこで今日は、赤しそのもみ方と保存方法についてご紹介します。

梅1キロを漬けるときに用意するもの。

・赤しそ2束(500g)
・塩大さじ2(30g)
・梅酢 1/2カップ(←保存するときに必要です。梅酢があがっていて、すぐに赤しそを使うときは必要ありません)

赤しその葉をちぎるときに、大きめのボールがあったほうがやりやすいです。

早速ですが、赤しその葉をちぎっていきます。
赤しその葉をちぎる時のポイントは、茎を入れないように葉のみを摘みます。茎を入れると梅干しにしたときに見た目がよくなかったり、漬けてる途中に梅の皮をやぶってしまうことがあるので、できるだけ赤しその茎は入れないように注意します。
大きめの葉を先にどんどん摘んでいくとテンポよく進みます。

小さい葉や脇芽は、発色がいいのでできるだけ残さずに丁寧に摘んでいきます。大きめの葉を摘み終わったあとに小さい葉が残っていないかチェックしながら、丁寧に摘んでいきます。

赤しその葉を摘む時は、テーブルでやるよりも椅子を2つ用意して片方のいすに赤しその束をおいて、もう片方の椅子に腰掛けてボールを挟んで摘んだほうがやりやすいと思います。

赤しそ2束で葉のみで約300gになります。
摘む時間は、1束につき約5-6分。2束で約10分ぐらいです。


葉を摘み終わったら、枝はもう使いません。枝さん、赤しその葉を守ってくれてありがとう〜

赤しその葉のみを販売しているところもありますが、葉を先に摘んでしまうと鮮度がなくなり、葉がしなしなになってしまいます。
お客様からも「楽だからと思って、赤しその葉のみを買ったら葉先がとけていて使えなかった」「香りが全然しない」「風味がない」などのお声をよくお聞きします。
赤しその葉を摘み取るのはちょっと手間ですが、この枝に赤しその葉がついてることで、鮮度や香り、風味が保たれていますので、当店では枝付きのまま赤しそをお届けしています。

赤しその葉を摘み取ったら、次はもみ作業に入ります。
もみ作業は2回にわけて行います。

まず、1回目。摘んだ赤しその葉に大さじ1の塩を入れます。このとき使う塩は、量販店で売っている粗塩であればなんでもよいです。一昨年、地元の漁師さんが釜揚げしている天然塩でもみしそを作ったら、塩分濃度が足りずカビてしまった苦い失敗があります。

1回目のもみ作業は葉っぱがふわふわしているので、結構力作業になります。葉と塩がまざってきたら、全体がしんなりしてくるので、しんなりなってきたらグッと力を入れてもんでいきます。

最初の1分ぐらいはあまりアクがでてきませんが、2分ぐらいすると紫色の汁がでてきます。この紫色の白がアクです。アクが出始めても力をゆるめずにしっかり揉んでいきます。

一度アクが出始めると、おもしろいぐらいどんどんアクがでてきます。途中で塩を足すと、早くアクがでるようなのですが、梅干しにつけることを考えると塩はできるだけ少ないほうがいいと思います。
もみ始めて3分ぐらいを目安にしっかり揉んでいきましょう。

だいたいアクが出切ったかなとおもったら、赤しそをぎゅっと絞ってお皿にとりだします。

1回目のアクは結構な量がでます。
このアクは使いませんので、水に流します。

2回目のもみ作業に入ります。お皿に取り出したもみしそをボールに戻し、塩を大さじ1入れて、1回目と同じように揉んでいきます。
2回目は、1回目でしっかり揉んでアクをとっているので、それほど力もいらず、時間もかかりません。もむ時間は1分ぐらいが目安です。

これが2回目のアクです。1回目と比べると随分少ないのがわかります。

もみ終わったらボールは使いませんので、洗って片付けます。赤しそを揉んで手が真紫になっていると思うので、このとき一緒に手も洗います。水でさっと流すだけで、手はすっきりキレイ! 赤しそのいい香りがします(^^)

できあがりのもみしそは約200-250gぐらいです。これが、梅干し1キロ付けるのにちょうどいい量です。

この時点で、梅酢があがっている場合は、できあがったもみしそを梅に投入します。
しそ梅干しの漬け方は、後日、またご紹介しますね。

ここからは、梅酢がまだあがっていない方のために、もみしそを長期保存する方法をご紹介します。
もみしそは、このままにしておくと痛んでしまうので、梅酢を足して保存します。

上の写真は昨年梅を漬けたときの梅酢です。梅干しを漬けたあとの梅酢は、もみしそを作るだけでなく、料理や花粉対策、インフル予防など、世界最強のスーパーフートとも言われているので、捨てずにとっておくととても便利です。
もし、梅酢がない場合は、朝ごはん本舗でご用意しているのでこちらをご利用くださいませ。

もみしそを保存する場合は、チャック付きの保存袋に梅酢と一緒に入れて保存します。
まず、もみしそを保存袋に入れたあと、全体をふんわりとほぐしておきます。

 

ほぐし終わったら梅酢を入れます。梅酢の量はもみしそと同じぐらいが目安です。もみしそが250gだったので、梅酢もだいたい250ぐらい入れます。梅酢を入れたらもみしそとなじませます。ここでももみもみ。

ここでポイントです。梅干しも同じですが、できるだけ空気にふれないように、袋のなかの空気をしっかりぬくことがポイントです。空気をぬいたらしっかりチャックをしめます。

あとは、梅酢があがるまで風通しがよく涼しい場所で保存します。(奥に見えるのはらっきょうです。主人は毎年らっきょうも漬けてます)

ついつい冷蔵庫に入れがちですが、常温保存がおすすめです。理由は、冷蔵庫に入れると常温に出したときの温度差で結露してしまい、梅のためによくないからです。この方法で保存すると、保存場所にもよりますが1年ぐらい長期保存可能です。

あとは、梅からお水(梅酢)が待つだけ。今年もおいしい梅干しができますように☆

 

赤しそのもみ方は動画でユーチューブにアップしてます。動画はこちらからみてくださいね。

まるで花束のよう♪ 赤しそが入荷!

[2019.05.30]

「お店でマジマジと赤紫蘇をジックリ見た事ないので、
箱を開けてびっくりしました!

立派な赤紫蘇は花束の様にとても新鮮でした。

私、初めての紫蘇ジュースを早速作りました。
レシピも入っていて優しいなって思いました、
今味見したら結構いい感じでした、
私の腕より紫蘇が立派だったからかな(笑)」

 

お客様からうれしいメールが届きました♪
花束のような赤しそ!
とってもうれしいお声をお寄せいただき、
ありがとうございます!!

当店の赤しそは、ご注文された方の
約8割以上がリピートするほど大人気!

一般的なちりめんしそとは違い、
世界でたったひとつのオリジナル品種の赤しそです。

香り高く、梅干しに
赤しそジュースにぴったり!


うちの娘は、しその味がわかるようで、
他の赤しそで漬けた梅干しは、
「香りがいつもと違う、色も違う、味も違う」と言って
この赤しそで漬けた梅干しでないと食べないほど(苦笑)

(上の写真は、主人が漬けた梅干しです。)

 


赤しそ農家さんにお聞きした赤しそジュースの作り方を、
私がわかりやすくまとめてレシピにしました(^^)

作り方は写真で説明しているので、赤しそジュースを初めて作る方も安心です。

しそジュースを長期保存するコツも書いてます(^^)

 

今年は生育が順調で、例年以上に順調に収穫できているので、
最短明日発送が可能です!

 

お客様のなかには、
梅酢があがる頃に赤しそを送ってほしい、
梅干しのワークショップに使いたい、
学校の家庭科の授業で使いたい、
などなど、いろんなところでご利用いただいてうれしい限りです。

 

発送時期については、7月20日前後まで可能ですので
お気軽にご相談ください。

赤しそのご予約はこちらからどうぞ

 

青梅、完熟南高梅のご予約も承り中です。
※七折れ小梅は、予定数量に達したため販売終了となりました。
予めご了承ください。

6月に入ると、完熟南高梅のご注文が一気に増えるので、
できるだけお早めにご注文くださいね。

梅のご注文はこちら

あさってから早くも6月。

本格的な梅仕事の季節です! 今年も梅仕事を楽しみましょう♪♪

梅を部屋干し?!完熟南高梅が間もなく入荷

[2018.06.13]

おはようございます。店長の須河内です。

上の写真は、昨夜のわが家のリビングの様子です。

座るところがないほど、梅干しに覆い尽くされています(苦笑)

娘と主人は梅干しが大好き!ということもあって、わが家では毎年、100キロ近く梅を漬けています。(←大ざっぱな私ではなく、几帳面な主人が漬けてます)

 

実は、この写真の梅は、昨年漬けたもの。

昨年は、南高梅のご注文が予想をはるかに上回り、主人が梅を漬けたものの、干す時間がなかったので、今頃になって干しているところです。

梅雨で雨が続いているので天日干しできず、それならば、梅も部屋干ししよう!と主人が思ったようで、こうやって部屋中に広げてるとこです。

自宅で干している梅は、小梅です。

小梅は、娘の大好物で、ほぼ毎日、朝ごはんに1〜2粒食べてます。

右は、七折れ小梅、左は、南高梅の小梅。

梅の品種によって違うのがわかりますか?

 

七折れ小梅は、実がふっくらやわらかく、南高梅の小梅は、もともとミツバチたちの受粉用の小梅なので、どちかといえば、カリカリ小梅に近い感じです。

梅は、自宅だけでなく会社にも干してます。

会社に干している梅は、大きな南高梅。

棚だけでは干しきれず、海苔箱の上も急遽、干し棚に。

どんだけ、梅があるんだっーーーーー(苦笑)

お天気がよい日、主人は車の上にも梅を干してます。

私が、車で打ち合せに出かけようと会社を出た途端、

車の上に梅がのってて、もうびっくり>0<

梅への愛が熱すぎる主人です(笑)

昨年の梅を干している傍らで、今年の梅仕事も進んでます。

小梅は、へた取りに時間がかかるので、毎年、娘と娘のお友達が手伝いにきてくれます(^^)

「梅のヘタ取り、楽しいー!もっと、したいーー!」

わが家では、梅のへた取りは大人気の恒例行事です。

こうやって、子どもたちが梅仕事を楽しみながらするのは、とっても微笑ましく、いつか娘が娘の子供(孫)にも同じように梅仕事の楽しさを伝えてほしいな。

 

来週からはいよいよ完熟南高梅が入荷します!

予定数量に達し次第、ご予約終了です。

ご予約はどうぞお早めに!

完熟南高梅のご予約はこちら

お日様がぐんぐん昇ってきました!

今日は久しぶりの快晴!梅がよく乾きそう(笑)

 

今日もよい一日を☆

 

 

赤しそが入荷しました!

[2018.05.30]


赤しそが入荷しました!

赤紫蘇の収穫が始まったばかりなので、量はまだわずかですが、今年も品質は抜群です。

赤シソ=梅干しというイメージがある方も少なくないかもしれませんが、朝ごはん本舗で赤紫蘇をご注文される方の半分近くは、
赤しそジュースを作られる方なんですよ!

作り方は簡単!
初心者さんでも、10〜15分ぐらいあれば簡単につくれます。

==================
用意するもの(ペットボトル2リットル分)

・赤しそ 2束(500g)
・お酢またはレモン 150〜200CC (お好みで増やしてもOK)
・氷砂糖 400〜500g(お好みで増減OK)
・水 2リットル

■あると便利なもの
・大きめのボール(我が家は直径50cmぐらいのものを使用)
・じょうご(100均で売ってます)
・茶こし(100均で売ってます)

赤しそジュースの作り方は、動画でアップしていますので、
参考にされてくださいね。

青梅、七折れ小梅、完熟南高梅のご予約は承り中です。

七折れ小梅は6/4から6/10頃、青梅は6/10〜6/18頃、
そして完熟南高梅は6/20〜6/30頃までの入荷予定です。

今年は、すでに昨年の約1.5倍ものご予約をいただいています。
予定数量に達し次第、ご予約終了となりますので、どうぞお早めに!
青梅、七折れ小梅、完熟南高梅のご予約はこちら

梅仕事の季節到来!小梅、青梅、南高梅、赤しそのご予約承り中

[2018.05.22]

間もなく梅仕事の季節です。
朝ごはん本舗がある福岡県遠賀郡(おんがぐん)芦屋町は、
赤しその一大産地。

毎年、赤しそをはじめ、小梅、青梅、南高梅を全国の皆様にお届けしています。
梅は九州の梅の里、大分県産です。

今年も早い方は3月にご予約をいただき、
現在、小梅、青梅、南高梅、赤しそのご予約をいただいております。
本当にありがとうございます。

現在、日頃の感謝の気持ちをこめて、
小梅、青梅、南高梅、赤しそのご予約で使える10%OFFクーポンを配布中です。
→クーポン獲得はこちら

クーポン枚数が残りわずかとなりました。
どうぞお早めにご利用くださいませ。

青梅、赤紫蘇は6月上旬から、小梅が6月10日頃、
完熟南高梅が6月20日頃の入荷予定です。

発送はご予約順です。
昨年は、ご予約分で完売になってしまったので、どうぞお早めにご予約くださいね。
→小梅、青梅、南高梅、赤しそのご予約はこちら