お天気のいい日は、大根を干そう!

[2013.04.23]

おはようございますスマイル店長の須河内です。

いきなりですが、大根を干したこと、あります?

え〜、干したことない〜!
干して、何つくるの?
切り干し大根?

・・・そんなお声が聞こえてきますウィンク

大根は、干すことによって甘みが増し、
ぐ〜んと日保ちしますダブルハート

朝ごはん本舗の野菜セットをご注文いただいた方のなかで
「大根1本を1週間以内に使い切れない・・」というお声を
時々いただくことがあります。

そこで、今日は大根が余ったときに(余らなくても)おいしく使い切れる、
めちゃめちゃおいしい「大根のはりはり漬け」レシピをご紹介します。

(材料)
・大根 1/2本
・醤油、酢、みりん 、水/各50cc
・昆布 10cm(なければ昆布茶、昆布茶もなければめんつゆ大さじ1)
・唐辛子 1/2本(←唐辛子はお好みで)

image_1366025459016325.jpg

大根は3mm位の厚さに切り、中心に切込みを入れて、紐などに吊るし半日干す。

image_1366025471615314.jpg

お天気がいい日に干すと気分爽快!
絵本「洗濯かあちゃん」になった気分ですウィンク

image_1366025495637158.jpg

半日干すと水分が抜けてしんなりするので、それを3cm位に切る。
小鍋に細く切った昆布、輪切りの唐辛子を入れ一煮立ちさせる。
粗熱が取れたら、ジップロックやタッパーなどにいれ、大根を入れ1時間くらい漬け込む。

image_1366025742333246.jpg

完成!!

実は、このレシピ、
昨日、あまりにもお天気がよかったので、
朝から大根を干して作ってみたんです晴れ

夕方自宅に帰ってから、ごはんが炊ける間に調味料につけ込んで、
食べてみたら、めちゃめちゃウマい!

漬け込んでいる間に、
大根の葉は細かく刻んで、サッと湯がき、水気を絞って
炊きたてのごはんに混ぜれば、菜飯もできちゃいました!

image_1366027386546223.jpg

ごはんを炊く時に、昆布10cmと塩小さじ1(昆布がなければ、塩麹小さじ1)を入れて炊くと
さらにおいしくできあがりますダブルハート

春から夏に収穫する大根は、冬大根とくらべて
どちらかという水分が少なめで、サラダやお漬け物向きです。

大根は、葉っぱの部分から水分が蒸発してするので、
まずは、葉っぱを分けて、菜飯にしたり、ごま油で炒めたり、ふりかけにしたりして
できるだけ届いた日に料理するのがおすすめです。

そして、大根を上、下、真ん中に分けて、使い切ると便利ですよ〜

image_1366025116286562.jpg

上の部分は甘みがあるので生食に。
中心部は煮物、下の方は辛みが少しあるので、おろしたり、お味噌汁の具、お漬物などに。
また、大根葉も栄養たっぷりなので捨てずに、さっと湯がいて使ってくださいね。

四つ葉ちょこっとお知らせ四つ葉

毎週火曜日は野菜市
単品野菜&単品くだもののご注文合計金額3150円以上で送料無料!

※但し、毎日の平均気温が15度を越えているため、野菜の鮮度を保つため、
商品によってはクール便にて発送しております。
クール便発送対応の野菜やくだものは、別途210円かかりますので、
予めご了承くださいませ。

⇒野菜市はこちらから