梅干しの殺菌効果を最大限に発揮する方法

[2014.04.21]

おはようございます。
ママゴンこと、店長の須河内です。

4月になってから、毎朝、4人分のお弁当を作っているのですが、
暑くなってくると、お弁当が傷まないかどうか心配です・・・>0<

昔から、お弁当に梅干しを入れると、
梅干しの殺菌効果で腐りにくいって聞きますが、
実はコレ、あってるようであってないんです。

梅干しの殺菌効果は、梅干しが触れている部分だけに効果があるといわれています。

そのため、おにぎりやお弁当に入れる場合はただ入れるのではなく、
混ぜ込まないと意味ないそうです。

また、梅干しを選ぶときも、流行りの減塩やはちみつ梅干しなどの甘い梅干しは
塩分濃度が昔の梅干しの半分程になっているので、その分、殺菌効果も半減。

お弁当やおにぎりに入れるなら、梅と赤しそと塩だけで漬けた、
昔ながらのすっぱくてしょっぱい梅干しが一番いいそうですよ。

店長の旦那さんは、自他ともに認める「梅干しオタク」。

当店で取り扱っている梅干しは、店長の旦那さんが太鼓判を押す酸っぱくて果肉とろ~りの梅干しです。

大分県大山の南高梅と赤しそ、長崎の天然塩だけで漬け込んだものです。

梅干し

私のように梅干しが苦手な人は、
酸っぱい梅干しで作った生ふりかけがおススメです。

梅ふりかけ

今日は、娘が幼稚園のお誕生日会で
お弁当がいらなかったので、大人3人分のお弁当を作りました。

お弁当
メニューは梅しその生ふりかけを混ぜ込んだ梅ごはんと、

きんぴらごぼう、チーズ入り卵焼き、ほうれん草のめんつゆ和え、海老フライ。

今日もいいでありますように(^^)